海のSDGs・能登でフードロスに取組む生産者を応援します!

石川県は志賀町に海のフードロスに取り組む生産者がおられます。松本弘人さんは水産加工に取り組んで30年。底引き網漁であげられた市場には出回らない小さな魚たちがあります。それらを無駄にせず、丁寧に内臓をとり、地元のいしるなどで旨みを高め、乾燥させて商品にすることで海のフードロスを目指しています。2015年に国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)。その中に海の豊かさを守り、作る責任をはたすという項目があります。松本さんの取り組みはまさにこれからの生産者のあり方を示しています。私たちはこういった志を大切にし、会社をあげて支援していきたいと思います。

20210501125917
20180515152857
btn_akio
btn_harusa
btn_hatakeshef
bnr_huntouki
20180518152923