3月 お朔日

20210301114034

こんにちは。愛の野菜伝道師小堀です。

3月の和風月名は「弥生(やよい)」

「弥(いや)」は、ますます・いよいよ・広く行きわたるという意味があり、

「生(おい)」には、草木が芽吹く・命が生まれることを意味する漢字が使われています。

語源としては三月になると少しずつ春が近づき始め、冬の間は縮こまっていたたくさんの花や木草が一斉に成長する月なので「木草(きくさ)弥(いや)生(お)ひ茂る月」が「弥生(やよい)」と詰まって呼ばれるようになったと言われる説が有力です。

陽気も暖かさを増し、本格的な春の訪れで心と身体がWKWK♪する月のはじまりです。

3月が旬のお野菜には、かき菜類、からし菜類、菜花類が多種にわたってあり、山菜も出始め、

果物ではせとか、でこぽん、はるかなどの柑橘オンパレード。

苺も多岐にわたってあらゆる品種が出てくるので食べ比べするにも楽しい季節です。

さぁ!みなさんも旬のおやさいたくさん食べて、春の訪れを感じていきましょう(^o^)/🍓🍊♪