九月九日 重陽の節供~金まくわ~

20200909150541

こんにちは!愛の野菜伝道師小堀です。

今日九月九日は重陽の節供。

ご節句のひとつで菊の節供とも呼ばれ中国由来の行事ですが日本にも早くに伝えられました。

九という数は日本では苦に通じると忌まれていますが、陰陽思想では最高の陽の数

満ちて極まった数であり、天を表す数として月にも日にも九が重なる九月九日として非常に喜ばしい日として祝われるようになりました。

日本には天武天皇の頃に伝わったそうですが、平安時代には宮中の行事として重陽の節供に

観菊の酒宴が催されていたようです。菊酒を飲み、菊の被綿(きせわた)といって

前の晩に菊に綿をかぶせておき、九日の早朝、夜露と花の香りのしみ込んだ綿で顔や体をふき、若さと長寿を保とうとしたと伝えられています。

長寿を表す菊の花。

そして季節のまくわ瓜となす。
 
金まくわ
瓜の中でも一番位が高いと言われ、古事記の日本武尊(やまとたけるのみこと)の記事から室町時代末期の瓜姫物語まで数多く登場します。
黄金色で俵型の品種、緑白色で楕円形の品種などの在来種があり
それぞれ金マクワ・銀マクワと呼ばれていたそうです。
 
ほとんどの場合、お話の主役をつとめています。
 
今ではまくわ瓜に変わって、あまーいメロンが主流となっておりますが
ほどよい甘さと品の良い高貴な香り✨瓜香✨
まくわ瓜の品格がわかりますよね。
 
重陽の節供にお野菜と菊の盛物をして

お晩酌は菊の花びらを浮かせたお酒と菊の酢の物をお酒のアテにされるのもいかがでしょうか?

20200909162853